フィードバーナー様に行きました

フィードバーナー様を訪問しに、渋谷へ。

セルリアンタワーの11会にあります。

1.高機能版の内容とビジネスについて
2.ブログ検索にインデックスされない件について
3.RSSがもっと普及するために、何をするかについて
4.SEO+フィードバーナーについて
5.新しいサービスについて
6.米フィードバーナーがグーグルに買収された影響について
7.その他、機能の紹介

などについてお話をしてきました。

SEOは一見さんをつれてくることに有効で、
その後のリピーターやファン作りなどには、フィードバーナーが有効。
フィードを購読しやすくする仕組みがたくさんあるので。

・各種リーダーへの登録ボタンが用意されている。
・RSSが表示されるリアルタイムのバナー、フィードティッカーがある。
・フィードをメールで受け取ることができるフィードメールマガジンがある。


フィードメールマガジンは、メルマガ発行に煮え切らない会社さんの場合には、
更新情報が自動でメルマガになるこの機能は便利かもしれません。

ただ、わかりやすくサイト上で表現しないと登録者は増えないと思います。
それは別の話。


また、フィードバーバーを私が企業のサイトに入れたい理由は、
1.ソーシャルブックマーク機能があるから、記事の人気がわかり、モチベーションがあがる。
2.フィードカウンターで、購読者数がアクセスカウンターのように表示されるので、
  サイト自体が支持されているかわかり、モチベーションがあがる。

つまり、ブックマークしたい!定期的に読みたい!と思わせるような情報発信への
モチベーションがあがるんじゃないかと思うわけです(思いたい)。

一部のSEO対策の気に入らない点は、支持されないコンテンツであっても上位表示させたい!
といういわゆるあつかましい気持ちがまったくないわけではない点。

検索結果は、「私の欲しかった情報の順番」で上位から表示されてほしいと誰もが願っているから。

それが、ソーシャルブックマークやフィードカウンターは、読者に判断がゆだねられているから
そちらのほうが健全な気がします。


インターネットにあふれる情報がSEO対策でゴミだらけにならないためにも、
フィードバーナーなどを活用して、情報発信側が質の高いコンテンツへのモチベーションを上げて欲しい(し、私も上げたい。でもまだ購読者すくないですが)


gotop