「強み」だけが「結果」を出す

株式会社ホームページリニューアルセンター
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.hpnew.com/book.php (著書:「やり直し」のホームページ集客術)
http://twitter.com/iinotaka    (ツイッター)
http://goo.gl/TAUfs         (フェイスブック)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】

「強み」だけが「結果」を出す

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!

ホームページリニューアルセンター飯野です。

 

すっかりお盆シーズンですが、暑過ぎますね~。

油断せずに水分補給、早寝早起きをしたいものですね。

 

さて、前回の話の続きですが、今回は自社の強みについてです。

私は次のように表現します。

「他社でなくあなたの会社に頼まないとお客さんが損してしまう、

 頼まざるを得ないもの」

現在、多くの業界で価格の二極化が進んでいます。

グーグルで「価格の二極化」と検索すると・・・・

・住宅

・化粧品

・お米

・輸入薄板

などが出てきました。

検索に頼らなくても、身近なところでは飲食店などが当てはまります。

これといった特徴がない、中途半端な価格帯の飲食店には、

そもそも行く必要がなくなっています。

・めちゃくちゃに安い

・高いけど○○がうまい

どちらかのお店には需要があります。

「それほど美味しくもなく、安くもないなら、家で作った方がまし!」

と多くの人たちが思っています(私もそうです)。

家飲みが増え、お弁当を持ってくる人が増えているようですしね。

 

あなたの商品が安さが売りでない、つまり「高い」場合には、

それを補って余りある購入動機を相手に与える必要があります。

「高いんだけど、○○だから買わざるを得ない」

という○○を生みだすことですね。

○○が自社の強みということです。

では、弱みはどう考えればいいのでしょうか。

 

■ドラッカーによれば

最近ドラッカーを読んでいるのですが、

「すごい強みがあるんだったら、すごい弱みもセットだよ」

ってことだそうです。

弱みを改善しようとばかりしていても、平凡にしかなれないのです。

逆に、弱みがあっても、強みが飛びぬけていれば、

お客さんは買わざるを得ません。

ドラッカーの話には、アメリカの南北戦争の話が出てくるのですが、

リンカーンは最初のころは負けっぱなしだったそうです。

なぜかと言えば、実際の戦争を戦ってくれる司令官を選ぶときに

「すべての面で大きな弱点がない人」をずっと選んだからです。

それに対して、南軍のリー将軍は・・・・

「1つの分野にめちゃくちゃ強みがある人」を選んでいました。

リー将軍は知っていたのです。

「唯一、『強み』だけが『結果』を出す」ということを。

 

ドラッカー曰く、

『すごい強みがあるんだったら、すごい弱みもセット。

だから、そもそも「良いひと」ってもの自体が存在しないよ。

だって、「良い」って「何に」良いの?(平凡にしかならないでしょ)』

 

■振り返って

私たちも、弱点を恐れるあまりに、強みを伸ばすことをおろそかに

しないようにしたいですね。

だって、弱点を埋めても平凡にしかならないので。

結果をだす=買ってもらえる、には強みだけが効果を発揮します。

弱点だらけでもいいじゃないですか、

めちゃくちゃに強いものが一つだけあれば、お客さんは

「選ばざるを得ない」のですから。

 

■飲食店の例えに戻って考えてみます。

私は横浜中華街が好きなのですが、

たぶん100件くらいは回ったかも知れないくらいです。

実はサラリーマン時代に近所にいたので、

お昼には新しいお店を開拓していました。

そこで、私の行動は2つにわかれました。

1.味も普通、値段も安くもないお店には、行かなくなる。

2.1品だけスバ抜けてうまい店は、定期的にどうしても行きたくなる。

明らかに「2」の方が、景気の波にも強いですよね。

その1品以外はひどかったりしても、その1品を食べないと

仕方ないのですから、行かざるを得ないのです。

また、その1品だけのせいで、TVに出たり、雑誌に出たりしますから、

なおさら集客には困ってなさそうでした。

(ここまで来るとブランドの話になりそうですね)

 

さて、私たちの商品・サービスも、弱点はあってもいいじゃないですか。

お客様が買わざるを得ない「1点の強み」だけがあれば。

 

☆◎☆◎ 勉強会のお知らせを受け取りたい方 ◎☆◎☆

私が主催する勉強会のスケジュールなどをいち早くお届けします。
このメルマガに掲載しない勉強会なども、下記に登録された方には
お届けしています。

https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cj32&m=nc12


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■独自配信メルマガに登録変更お願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、まぐまぐで配信していますが、今後は独自配信システムに移行予定です。

↓下記からご登録下さい。
http://www.hpnew.com/mail/registration.php

↓二重でメルマガが来ないように、まぐまぐの解除はこちらから行って下さい。
http://www.mag2.com/m/0000138180.html

 

━━━━━━━━━━━━━ ■ 編集後記 ■ ━━━━━━━━━━━━


さっきの1品だけ強いお店って、例えば水餃子で有名なお店があるんですが、

デザート頼んだ時に、明らかに缶詰をあけてお皿の上にひっくり返した

だけでしょ!ってのが出てきました(笑

でもね、行かざるを得ないんですよ、水餃子を食べに。

そういえば、このメールマガジンは、平日に出していたんですが、

今回は皆さんがお休みのお盆の真最中に出してみます。

いつもと何か反応が違うのか、知りたいところですので。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.hpnew.com/book.php (著書:「やり直し」のホームページ集客術)
http://twitter.com/iinotaka    (ツイッター)
http://goo.gl/TAUfs         (フェイスブック)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
株式会社ホームページリニューアルセンター 
代表取締役 飯野貴行
URL :http://www.hpnew.com/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 


社内にWEB担当者がほしい!時の注意点

株式会社ホームページリニューアルセンター
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.hpnew.com/book.php (著書:「やり直し」のホームページ集客術)
http://twitter.com/iinotaka    (ツイッター)
http://goo.gl/TAUfs         (フェイスブック)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】

社内にWEB担当者がほしい!時の注意点

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!

ホームページリニューアルセンター飯野です。


今日は、朝早くに起きてメルマガを書いています。

涼しくていいですね~!

さて、前回は、「強み」だけが「結果」を出すというテーマを書きました。

今回は、「社内にWEB担当者がほしい!」と思っている方のために

書きますね。

 

あなたが社長の場合には、インターネットでの集客の必要性が

無視できない、もしくはこれから重要になると感じていることでしょう。

その時に、社内にWEB担当者が欲しくなるかもしれません。

WEB担当者さえいれば、社内でホームページも作れて、

集客もできて、お客様への対応も全部出来てしまう!

そんな風に考えて、採用に取組むと思います。

しかし、成功する場合と失敗する場合があります。

失敗というか期待外れ、というケースをご紹介します。

 

■「○○しかできないなんて聞いていない」

これはホームページ制作が多種の分野にわたっていることを考えずに、

ホイホイ採用した時に起こります。

ホームページ制作と一言で言っても、下記のように分野が違います。

・デザイン(トップページとかカッコよく作りたい)

・システム(お問合せフォームとか、社内で更新できるシステム)

・マーケティング(導線設計、SEO、ランディングページ等)

・ライティング(訴求力のある原稿づくり)

採用してみたら、デザインしかできない、とか

システムは強いけど、デザインは素人等・・・

「一人雇用したら、全部やってもらおうと思っていたのに!」

という社長にとっては期待外れかもしれません。

 

■何でもできるスーパーWEB担当者なんて過度の期待です。

デザインもシステムもマーケティングもライティングも・・・

何でもできるスーパーマンはいません。

いや、いても、簡単に雇用されるわけがありません。

よって、最初の期待が間違っているのです。

それはWEB担当者のせいではありません。

(面接で、何でもできるというアピールをしたにしても)

 

■何を社内で担当して、何を外注に出すか

全部社内でやるとしたら、「平凡なホームページ」になりがちです。

もちろん、これで構いません。

私も、できれば社内で一度全部作って、それからリニューアル

したほうが効果が出やすいと思います。

後で、効果を出すためには、外注の力を必要とするでしょう。

 

社内で何を担当してもらうかと言えば「ライティング」がいいと思います。

文章こそが訪問者に訴えるキモになるからです。

それをデザインなどで補完すればいいわけです。

外注はあなたの商品について知識がないわけですから、

社内で文章を書けるようになれば鬼に金棒です。

そのライティングパワーがあれば、

・メールマガジン

・ブログ

・プレスリリース

・ツイッターやフェイスブック

・SEO

・チラシ

・小冊子

等のマーケティングに役立てることができるでしょう。

 

■社内のWEB担当者に期待すべきこと

これは「ライティング」の力です。

一回支払えばいいだけのデザインなどは外注したほうが早いです。

何度でも利用価値のあるのはライティングの力です。

営業センスのある文章を書ける事を最優先すべきですね。

そういった意味では、「WEBデザイナー募集」ではなく、

「WEBライター募集」と求人を出したほうがまだ精度が高く

採用できそうです。

腕に自信のある方が応募するはずですね。

もし、主婦等で通勤が無理な場合には、在宅でも仕事を出せますね。

会社にとっても応募する人にとってもハッピーでしょう。

 

■どの「強み」が必要なのか見極めて、採用しましょう。

このようにホームページ制作のどの分野の「強み」を

あなたの会社が欲しいのかを明確にすれば、

会社も応募者も期待外れの確率を減らせます。

 

「強み」で人を採用するのは、ドラッカーの言う通りです。

もし、デザイン・システム・マーケティング・ライティングが

「全部、出来ます!」という人を採用した時には、

「全部、平凡でした!」になりかねないですね。

危ない採用方法だと私は思います。

 

 

☆◎☆◎ 勉強会のお知らせを受け取りたい方 ◎☆◎☆

私が主催する勉強会のスケジュールなどをいち早くお届けします。
このメルマガに掲載しない勉強会なども、下記に登録された方には
お届けしています。

https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cj32&m=nc12


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■独自配信メルマガに登録変更お願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、まぐまぐで配信していますが、今後は独自配信システムに移行予定です。

↓下記からご登録下さい。
http://www.hpnew.com/mail/registration.php

↓二重でメルマガが来ないように、まぐまぐの解除はこちらから行って下さい。
http://www.mag2.com/m/0000138180.html

 

━━━━━━━━━━━━━ ■ 編集後記 ■ ━━━━━━━━━━━━


最近は、ドラッカーの「Innovation and Enterpreneurship」を読んでいます。

原書で読まないとニュアンスが全然違っていたりするので。

ある程度英語が出来る人は賛成してくれますが、原書で読んだ方が

多くの本は簡単に読めます。

そういえば、HTMLという言葉が日本語の書籍に掲載された初期には、

HTML自体を無理やり日本語に翻訳している本もありましたよ。

確か「超越文書○○言語」とか。○○の部分は忘れました。

ね、逆に訳が分からないでしょ?

ホームページ制作を勉強するのも、英語の方が簡単でした。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.hpnew.com/book.php (著書:「やり直し」のホームページ集客術)
http://twitter.com/iinotaka    (ツイッター)
http://goo.gl/TAUfs         (フェイスブック)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
株式会社ホームページリニューアルセンター 
代表取締役 飯野貴行
URL :http://www.hpnew.com/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 


gotop