仕事の種類は2つある。緊急と重要な仕事

 仕事の種類は2つと言われています。

 
  1. 緊急:お客様からのお電話、クレーム対応、発送など、至急対応が必要な仕事
  2. 重要:その日にやる必要はないが、やらない場合には、中長期的に先細りになってしまう仕事。
世の中一般的に緊急の仕事だけでいっぱいになってしまうので、重要なことは先延ばしになる、または最悪やらないことになります。すべてのビジネスマン、すべての会社の課題ですね。
 
私も、長期的な夢、目標をわすれずに、重要事項を先延ばし&やらない、というマイナススパイラルに入らないように、工夫します。
 
そのために、最も必要なもの・・・それは以外にも?「元気」だと最近感じています。
 
元気でやる気がベースにあって、その上に夢・目標・戦略・行動計画等が組み立てられます。
どんなに立派な計画を立てても、元気がなくちゃ絵に描いた餅ですよね。
 
-----------
当ブログのご感想等は、フェイスブックでお願いします!お友達にもなりましょう♪
-----------


本を書いたら宣伝する【献本】という活動

 【本を書いたら宣伝する】

 
献本という手法があります。メールマガジンやブログ等を持っている方などへ本をお送りして、感想を書いてもらえたらいいな、という活動です。
 
それとは別に、献本サイトもあります。
こちらは、主に、本の宣伝ができつつ、ユーザーは本をもらえるので、両者にとってメリットがあります。
これから、本を書く方は参考にして下さい。
 
 
 


ピカソ(PICASO)の法則

 

中小企業がWEB戦略を作るときに、活用してほしいのが、私が考案したピカソの法則です。しかし、一般的にマーケティング研究に熱心は方は、次のような法則を参考にしているはずです。

■AIDMA

Attention(注意)

Interest(関心)

Desire(欲求)

Memory(記憶)

Action(行動)

 

■AISAS

Attention(注意)

Interest(関心)

Search(検索)

Action(行動)

Share(共有)

 

しかし、中小企業のWEB戦略を作る際には、実感として最初の「A」で壁に当たります。
もちろん、ブログやツイッターなどで宣伝して注目を集める!
などと簡単には言えますが、注目を無料で集めるのは、中小企業のなかでもごく一部です。実際には大きな広告費を使う大企業が使用しやすい法則です。

 

私は、中小企業のホームページを作ったり、SEOをやるときには、会社の顧客は誰か、そしてその人が抱える問題は何か?をまず考えて、その人たちが検索するキーワードを想定し、上位になるように制作します。そこで、私の実感を元にまとめてみた法則がこちら。

 

■PICASO(ピカソの法則)

Problem(問題)

Internet(インターネット)

Comparison(比較)

Action(行動)

Solution(解決)

Order(注文)

 

下記に詳細を説明します。

 

1.お客様が問題を持つ。

2.インターネットで探す。

3.複数のホームページの情報を比べる。

4.お問合わせ等の行動を行う。

5.問題が解決できることを納得する。

6.注文する。

 

と言う流れです。この法則の気にいっているところは、「問題→解決」が明示されているところです。

AIDMAやAISASは、お客様の困っていることを解決するという視点が欠けていて、売りたい人側の押し付けっぽい印象があります。(ちなみに、AISASは電通の商標登録です。)

ホームページは、お客様の問題を解決するもの。そして、ビジネス自体がそうあってほしい、という願いを込めて、この法則を広めていきます。

 

 


取材依頼ありがとうございます。

住宅新報様からの取材依頼を受けました。IT、特にSNS等の活用についてです。

たしかに、最近、まわりの工務店さんやリフォーム店さんなどが特にfacebookに参入していますが、みんな言うことが「どう使っていいのかわからない」つまり、効果を出せない、ということです。

その場合には、一方的な売り込みの情報発信をやっているケースがほとんどです。

そもそも、短期的な新規顧客獲得、を目標にしている場合には、効果を出しにくいでしょう。

 

中長期的な目的を持つことが大切ですね。具体的には、属性マーケティング、グループ活動、接触頻度、リアルへの転換、ブランド構築などがキーワードになります。

 

難しいキーワードをならべましたが、結局facebookが好きかどうか、ですね。

好きなら楽しめる、時間をかける、研究する。と好循環を生み出します。

好きであれば、その後のマーケティング戦略は実践できます。

嫌いなら、楽しくない、会社の情報を機械的に出す、時間もかけない、研究もしない。となります。

 


クライアントの感性は大切。しかし、クライアントのお客様の感性はもっと大切。

 昨日もホームページのリニューアルを打合せしていて、そこの社内の意見として参考にしているホームページがあるとのこと。

なるほど、確かに良く出来たデザイン。さて・・・・

  • このホームページで実際に売り上がっている話を聞いたのか
  • 御社の対象となるお客様は、これを見てぐっとくるのか
  • メディアがこれをみて、ぐっとくるのか

など、聞いたのですが、まったくそのような視点で参考にしていたわけではなかったようです。

感性は大切ですが、自分の感性だけでなく、お客様の感性を大切にしたいですね。

 

ビジネスは結果が全てですから。結果がでないと継続できず、既存のお客様も大切にできません。

結果にこだわって、社内も社外の私のような人間もホームページについて考えたいですね。


今期の目標達成のお知らせ

コンサル先のご担当者さんから、 今期の目標達成のお知らせが届きました~♪
うれしいですね。
すでに来期の企画が進んでいるようで、
やっぱり社内の力ってすごいな~!
コンサルいる?って感じ(冗談


無料コンサル2時間やってきました。

株式会社ホームページリニューアルセンター
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.hpnew.com/book.php (著書:「やり直し」のホームページ集客術)
http://twitter.com/iinotaka (ツイッター)
http://www.facebook.com/picasoweb (フェイスブック)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】

無料コンサル2時間やってきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。
ホームページリニューアルセンター飯野です。

最近、コンサルティング活動が多くなり、感謝です!
そこで、単発コンサルティングはしばらく無料にします。
さっそく、本日の無料コンサルティングの様子を・・・

(解除される方ははこちら  http://www.mag2.com/m/0000138180.html )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料コンサル2時間やってきました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料コンサルティングをやる理由は・・・

  1. お金をもらうと事前に情報をしらべるのでむしろ大変。
  2. 気軽に相談してもらったほうが、気軽に役立つ感じがして充実感がある。
  3. そんなにお金をかけなくてもできることがたくさんあるので教えたい。
  4. いろんな企業の取り組み情報を仕入れられるで、コンサルとして情報が増える。

という感じです。なんだかんだ言っても、好きなんでしょうね。

■本日のご相談

本日のご相談内容は、「アクセスアップしたい」というものでしたが、
最終的な目標は売上げアップであることを考えると、
はたしてアクセスアップが最初にやるべきことなのかを一緒に考えました。
弊社の考えでは、売上げアップは、下記のようになります。

集客(アクセスアップ)×反響(コンバージョン率アップ)×成約(成約率アップ)=売上げアップ

本日のご相談者の場合には、いろんなアクセスアップ施策をやってきました。
例えば、イベントと連動した オンライン投票などです。
しかし、投票は大人気でしたが その後には繋がらなかったとのこと。

質問:「投票ページに次に行動してもらいたいコンテンツは掲載していたんですか?」
答え:「いいえ・・・やることに精いっぱいで・・・時間がなくて・・・考えていませんでした!」

投票だけでなく、結局、すべての集客をどこにもつなげていない事が問題でした。

「水を流すだけながし(集客)、ザルで受けとめよう(反響)としていますね」

という結論になりましたので、今後考えるべき点や参考にすべき事例をご紹介し、
他にも簡単にできる対策を伝授しました。
こんな簡単な無料コンサルティングでよければどうぞ。

http://www.hpnew.com/

・トップページの下にあるお問合せフォームに【無料コンサル2時間希望】と書いて下さい
・場所は東横線大倉山駅となりのスタバでやります。
・コンサル内容をメルマガやホームページに掲載することがあります。
 (公開できない箇所はコンサル中に教えて下さい)
・1回のみです

 

■本日、私が再確認できたこと

「ホームページは、社長を映し出す鏡」

どれだけ本気でネットで売上げるつもりなのか、が分かります。

  • フロントエンドとバックエンドをちゃんと考えているのか
  • フロントエンドをホームページの目立つ所に配置しているのか
  • 情報を掲載するときに、売上げに繋がるのか?と突っ込んで考えているか

これはホームページを見ればすぐに分かりますね。

だから、ホームページは社長の力量以上にはならない、とも思います。
どんなに良い提案をしても、納得いかないからです。
よって、ホームページ制作会社は、「OKをもらえる提案」を出すことになります。
「売れる提案」ではないのです。OKがもらえない提案は、営業コストがかかるからです。
(売れる提案ができる制作会社もほとんどいませんけど)

本日のご相談者も、本気で売上げアップしたい!と思ってるのかなぁ。不安です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メルマガと勉強会お知らせの同時登録がオススメ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「お金をかけずに売れるホームページ」&「SEO/WEBマーケティング勉強会」
の2つ同時に登録出来るようになりました。
解除もワンクリックでできますので、ぜひ登録して下さい。
http://www.hpnew.com/mail/

━━━━━━━━━━━━━ ■ 編集後記 ■ ━━━━━━━━━━━━

そういえば、年度末ですね!
来期の売り上げを達成したい方は、ぜひご相談下さい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.hpnew.com/book.php (著書:「やり直し」のホームページ集客術)
http://twitter.com/iinotaka    (ツイッター)
http://www.facebook.com/picasoweb (フェイスブック)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
株式会社ホームページリニューアルセンター 
代表取締役 飯野貴行
URL :http://www.hpnew.com/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 


gotop