SEOに強いブログを書くには?

こんにちは。

ホームページリニューアルセンター飯野です。

 

お子さんをお持ちの方はお分かりかと思いますが、

長い夏休みが始まりましたね!

お疲れ様です(笑

 

 

さて、先週はワードプレスについてご紹介いたしましたが、

良く聞かれる悩みが

「何を書いていいか分からない」

とうことです。

よって、ここではコンテンツについてご説明します。

特にSEOに強くなるブログコンテンツに特化します。

 

 

では、まず最初にブログの目的はSEOですから、

どんなキーワードが強くなることを望むか

明確にしましょう。

 

もし、これをスキップするとどうなるか?

「今日は楽しいパーティでした!」

「お気に入りのランチタイム」

「疲れた一日」

「新しく本を読みました」

「素敵な仲間とのひととき」

とか、こんなタイトルになることは間違いありません(笑

 

楽しいパーティ、で検索された時に引っかかりたい

訳じゃないでしょうけど、

SEOを忘れるとそんなブログになります。

 

この種のブログは何かといえば、

「知り合いに親近感を持ってもらうブログ」

としては役立ちます。

特に、ブログを書いてフェイスブックにシェアすれば、

知り合いが見てくれるでしょう。

 

さて、知り合いのみに営業をするのであれば

このようなブログで十分です。

または、有名人であればこれでもいいです。

みんな名前を知っている知り合いみたいなものですから。

 

でも、もしあなたの目的が

「新規の見込客」へのアピール

であるなら、完全にずれています。

 

それは目的がないから、ずれるんですね。

もし、新規の見込客へアピールしたいのであれば、

どのキーワードで引っかかり安くするのか、

明確にしましょう。

そのキーワードでブログのコンテンツを作ればいいのです。

 

あなたはどんなキーワードを強くするために、

ブログを書こうとおもいますか?

キーワードの選び方自体はここで説明できる

ほど短くないので、

自分で学習する人向けのWEB営業マン塾
http://hpnew.info/

の無料で見れる1か月目のコンテンツでご確認ください。

下記が1か月目のコンテンツですが、

その中に入っています。

--------------------------

1-1.究極の売上アップ法

1-2.準備
FTPソフトの設定
SEOツールの設定
なかのひと/ユーザーヒート
ウェブマスターツールの設定
グーグルアナリティクスの設定
ソースコード貼り付け
ブラウザ
注意点

1-3.用語解説

1-4.SEOの王道
SEOの王道
SEOの基礎用語
SEOの分析
キーワード選び
ソーシャルブックマーク
地図対策(MEO)

1-5.ホームページ・ビルダー17でWordpressホームページ

--------------------------

分からないことは質問もできます。
http://hpnew.info/

 

─────────────────────────
自分で学習する人向けのWEB営業マン塾
http://hpnew.info/

著書:「やり直し」のホームページ集客術(ダイヤモンド社)
http://www.hpnew.com/book/

─────────────────────────
株式会社ホームページリニューアルセンター
代表取締役 飯野貴行
〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山3-2-6-201
FAX:045-546-3723
URL:http://www.hpnew.com/
メルマガ: http://www.hpnew.com/mail/
フェイスブック: https://www.facebook.com/takayuki.iino
─────────────────────────


大企業に営業したい方向け

こんにちは。

ホームページリニューアルセンター飯野です。

 

梅雨も明けたそうですが、

私は日に焼けすぎて、すでに皮がむけてます(笑

 

さて、本日のテーマは「大企業に営業したい方向け」です。

中小企業や個人向けの営業ではありません。

大企業や大きな団体に営業する必要が

ある方はご覧ください。

 

実は、お問い合わせはないと思っていても、

あなたのホームページは大企業に見られている

ことはたくさんあります。

 

ただし、大企業の担当者があなたのホームページを

見てもがっかりして他社のホームページに

移動してしまっただけです。

 

お問合せがないとは、そういう状態です。

もちろん、アクセス自体が少ないことは

また別問題なので、

リスティングやSEOでクリアしなくてはいけません。

 

でも、まったくアクセスがないか、といえば

そんなことはありません。

多少は見られているものです。

 

そこで、今回のご提案は

すでににアクセスしてきた大企業の名前を

把握して、実際に営業をかけてしまおう、

ということです。

 

昨日、弊社のお客様のホームページを

解析していていると下記のデータが出てきました。


日立製作所
富士通
ティーオーエー
東芝
ソニー
アロカ
東京エレクトロン
YKK
岩谷産業
パナソニック
シチズンホールディングス
石川島播磨重工業
丸美屋食品工業
興和
日本食研
キヤノン
住友スリーエム
オリンパス
三菱電機
キリンビール
ルネサス テクノロジ
アルパイン

 

これが、私のお客様のホームページを見ている

大企業のほんの一部です。

あとは、会社としてどの企業に営業すればいいか

考えるだけです。

相手は、ホームページを見ているのですから、

少なからず興味はあるはずです。

興味のある大企業の見込客リストです。

 

さて、これをどのように取得すればいいのか?

それは、WEB営業マン塾
http://hpnew.info/

の無料で見れる1か月目のコンテンツでご確認ください。

以上、ぜひご利用下さい。

 

─────────────────────────
自分で学習する人向けのWEB営業マン塾
http://hpnew.info/

著書:「やり直し」のホームページ集客術(ダイヤモンド社)
http://www.hpnew.com/book/

─────────────────────────
株式会社ホームページリニューアルセンター
代表取締役 飯野貴行
〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山3-2-6-201
FAX:045-546-3723
URL:http://www.hpnew.com/
メルマガ: http://www.hpnew.com/mail/
フェイスブック: https://www.facebook.com/takayuki.iino
─────────────────────────


売れるホームページの5つのツール(キャッチコピー、写真、文章、イラスト、動画)

こんにちは。

ホームページリニューアルセンター飯野です。

-----------------------
7月29日(銀座)動画撮影会&話し方講座
http://www.hpnew.com/seminar/729.php
-----------------------

 

昨夜は、ディープな横浜を体験したいので、

知る人ぞ知る、六角橋商店街を探索していました。

昔からディープ系なところが大好きなんですよね。

だから、インドなどもふらふら放浪してたんですけど。

 

さて、本日のテーマは「自社の強みの表現」です。

ホームページを見てもらって、発注したい!

と思ってもらうためには、自社の強みを表現しないといけないですね。

 

そのための表現方法としては

・キャッチコピー

・写真

・文章

・イラスト

・動画

 

という5種類の表現方法があります。

あなたはどれを採用していますか?

 

■キャッチコピー

訪問者は、ささっとしか最初は見てくれませんので、

最初に目に入る大きな文字を読みます。

それがキャッチコピーです。

少し前に読んだ本で参考になったのはこちらです。

「伝え方が9割」

http://goo.gl/tasVKK

 

■写真

キャッチコピーの背景には写真があります。

一番目に入るメインイメージですね。

そこにどんな写真をいれれば、訪問者の

興味を沸かせることができるか?

最近よくあるのが、スライダーと呼ばれる

複数の画像を横にスライドさせて見せる手法です。

これは一見、良さそうですが、本当に効果があるかは

検討してから採用してください。

 

■文章

通常のホームページであれば、

トップページにいれる文章はだらだら長くはありません。

SEOに気を付けながら、

要素ごとに簡潔に説明すればいいのです。

ただし、各ページに入れるコンテンツとしての文章は

訪問者が納得する分量を入れて下さい。

数行だけの解説などをシンプルに入れる方もいますが、

会っていない人が納得する量としては

少なすぎます。

この文章を書けるかどうかが、

ほとんどの場合の成功を左右します。

たとえば、商品開発のストーリーなど、

書いていますか?

 

■イラスト

文章が成功を左右しますが、

そのための補助としてイラストは有効です。

文字だらけだと読む気が失せるからです。

特にトップぺページにイラストを使って、

言いたいことを表現するのはいいですね。

たとえば、

http://hara-hospital.jp/

こちらは、最初、写真で病気を表現していましたが、

あまりにもリアルすぎて良くなかったので、

すべてイラストで表現することにしました。

 

■動画

今、インターネットで注目されているのは動画です。

なぜなら、「会った気になる」からです。

会って話すのが一番の営業ですから、

それに近いものを採用するとなると動画です。

たとえば、今後は採用の問題を解決するには

こんな動画も有効です。

http://youtu.be/Q2K4qTi_DSA

全然オフィシャルな感じのしない、

フランクな会話をしながら、

本音しか話していないことがすぐにわかります。

採用したい人にはこの動画を見てもらえば、

確実に他社よりイメージは良くなります。

 

もし、動画や話し方を勉強したい方は

29日に講座をやりますので、ご参加ください。

-----------------------
7月29日(銀座)動画撮影会&話し方講座
http://www.hpnew.com/seminar/729.php
-----------------------

 

PS.今日は銀座か東京駅周辺で、家族で晩御飯を食べる予定ですが、

どこがいいのか・・・・。

 

 

─────────────────────────
自分で学習する人向けのWEB営業マン塾
http://hpnew.info/

著書:「やり直し」のホームページ集客術(ダイヤモンド社)
http://www.hpnew.com/book/

─────────────────────────
株式会社ホームページリニューアルセンター
代表取締役 飯野貴行
〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山3-2-6-201
FAX:045-546-3723
URL:http://www.hpnew.com/
メルマガ: http://www.hpnew.com/mail/
フェイスブック: https://www.facebook.com/takayuki.iino
─────────────────────────


gotop