2009年10月アーカイブ

裏話1:丸投げにご注意 ~ダミー名刺がやってくる~

| コメント(0) | トラックバック(0)

今回は、丸投げに関する私の個人的な体験です。

私は、カナダから帰ってきて、マルチメディアの会社に就職し、ホームページを制作していました。

時代的にホームページ制作がどんどんと増えている時代でしたので、会社自体もホームページ制作会社にようになっていきました。

 

■丸投げの場合:クライアントは、元請けに依頼したことになっている。

今も変わらないのですが、建設業界と同じく、ホームページ制作も、下請けが盛んです。

ブランドのある大きな会社が受注して、下請けに出し、その下請けがさらに下に発注します。

私は、その孫請けみたいな場所で企画・制作にいそしんでいました。

(といっても孫請けの場合には企画作業はありません。

比較的お客さんと近い関係で仕事が取れた場合などには、企画をやっていました。)

さて、その元請けの会社が、クライアントとヒアリングをし、もっともらしいことを言ったあとには、

下に丸投げです。元請け=営業、下請け=制作、という関係です。

で、その営業で全体の20%くらいを貰います。

もし、下請けが孫請けに丸投げすればまた20%とります。

そうすることで、最終的な制作現場には少ない金額しか回ってきません。中間業者が取り過ぎなのです。

でも、元請けや中間業者には、システム・デザイン・マーケティングのすべての知識がありません。

いや、というか知識だけが少しあって、実際には自分でやったことがないので、クライアントから突っ込まれると返答に困ることになります。

そこで、ダミー名刺の登場です。

 

■ダミー名刺がやってくる

「名刺作っておきましたから。」

これが、元請けから言われる合言葉です。

で、箱を開けてみると、あらびっくり。私がいつの間にか立派な会社の社員になってございます。

サラリーマン時代には、私も、たくさんの大きな会社の名刺を持たされました。

全然社員でもないですが、ダミー名刺を持たされて打ち合わせに行きます。

なぜ、自分の会社名を言えないかといえば、中抜きされてしまうからです。

元請けは最初に話を聞いて、あとは制作には関わりたくないと思っています。

そんな時間があれば、また次の受注に力を注ぎたいからです。

しかし、クライアントにはそんなことを言えませんので、あたかも仕事をしているように見せかける必要があるのです。

 

■3億円のホームページが、実際には・・・・

そういえば、原子力発電所のホームページ制作の費用が3億円かかってしまった、

という話が話題になったことがあります。

発注側は3億円支払ったのですが、実際に手を動かして制作した会社にはいったいいくら制作費用が支払われたのでしょうか。

私が制作会社にいたころにも、その原子力発電所の開発案件が孫請けとして(もっと下かもしれませんが)回ってきたことがあります。

たしか、予算はあるので、3Dとかでグリグリ動けるようなコーナーを作ってほしいなんて話だった気がします。

つまり、予算取りは終わっているので、あとはそれに見合ったような内容で作ってくれということです。

この時は、会社の幹部が原子力発電所自体が嫌いだったようで、断ったようです(笑

えーっと、ちょっと待って下さい。今、インターネットで調べたところ、3億円というより、3年間で10億円の間違いでした。

失礼しました(苦笑

で、結局作られたホームページ自体は、ものすごく酷いものだったらしく、

普通に見積もりを取れば1000万円とか、下手したら100万円とかでできるではないか、という声も聞こえてきます。

いったい、その3億、いえ10億円のほとんどはどこの会社に行ったのでしょうか?

もちろん、ホームページ制作会社ではありませんね。

そう、元請けなどの中間業者です。

 

あなたの会社は、どんな会社に発注していますか?

まぁ、親切に話を聞いてくれることに価値を置いているのであれば、

大手の会社でもいいかと思います。

もし、中間マージンを節約したいのであれば、

インターネットで自ら制作会社を見つけることを強くお勧めします。

 

次回は、「紹介」ビジネスで中間マージンがとられている実態をご紹介します。

・広告+手数料型
・コンペ型
・クローズ型

などいくつかのパターンで解説する予定です。お楽しみに。

 

 

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ