裏話2:名ばかりヒアリングにご注意下さい。

「ホームページ制作会社をどうやって選んでいいかわからない」

という人たちにつけ込むコンサルタント達がいます。

そして、「ヒアリングをして最適な制作会社をご紹介します」という方法で呼びかけます。
本来は、制作会社が苦手なWEB戦略などを外部のコンサルタントがやればいいのですが、そのコンサルタントも、もし紹介だけして、キックバックをもらえるなら、非常に楽です。
(弊社の場合には、WEB戦略も制作も社内です)

コンサルタントは、WEB戦略はできるかもしれませんが、いかんせん高い。戦略だけで高い費用は払えない会社がほとんどです。そこで、戦略はヒアリング程度で無料とし、制作会社に紹介してキックバックをもらうわけです。これも各社違いますが、20%くらいと考えればいいでしょう。

たとえば、90万円くらいの制作費用がかかった場合には、その20%が、紹介者にキックバックされます。18万円ですね。これは、紹介という口利きだけで利益になるので、紹介ビジネスをしたいコンサルタントはたくさんいます。

ヒアリングは2時間程度ですみます。
WEB戦略は数週間以上かかります。

もし、同じ18万円もらえるなら、ヒアリングだけで済ませたいのでしょう。

もし、18万円分のWEB戦略を提出してくれるのであればいいのですが、「ヒアリング」ですから、口頭で簡単に言うだけで、レポートも何もありません。キックバックをもらうこともあなたには伏せてあります。

前回お話したとおり、制作費として大切なお金を捻出したにもかかわらず、数十パーセントは口利きしたコンサルタントなどに渡ってしまいます。もったいない話です。18万円もあれば、インターネットで広告が出せますね。

コンサルタントとしてはたぶん立派なのでしょうが、わざわざブローカーとしての稼ぎに引っ掛かる必要はありません。
やはり、自分で探せばキックバックが発生しないぶん、制作の現場もしっかりと仕事をしてくれるかもしれませんしね。

では、そのキックバックを排除するにはどうしたらいいでしょうか?

・まずは、鉄則として紹介するだけの人には絶対に聞かないこと

それでも何かの拍子に聞いてしまった場合には、会社名をまず聞いておくことです。嫌がれば、間違いなくキックバックをもらっています。

しかし、そこは優秀なコンサルタントです。口がうまいでしょう。「まずはヒアリングしないと、最適な会社がどこかわかりませんよね」なんて言いかねません。

または、紹介した事実だけがあればいいので、「いいですよ。私からの紹介ということを言っていただければ、良くしてくれるはずです」と言うかもしれません。

ヒアリングしようがしまいが、提携先の制作会社は1社か2社です。紹介先はきまっています。それは、多くの会社とやり取りするのが面倒だからです。名ばかりヒアリングをして、あとは、バンバン紹介してしまえば、コンサルとしての提案書も提出する必要もなく、効率的に稼げますね。

相手先も、どんどん紹介してくれれば、キックバックも喜んで払います。

これは、紹介先が最初から限定されているので、クローズ型の紹介と呼びましょう。
名ばかりヒアリングでガッポリ稼ぐコンサルタントにはご注意ください。

・・・こんなに書いちゃった(笑

 

次は、多くの会社と提携している紹介ビジネスのお話をします。
お楽しみに。