WEB・SEOコンサルタントにご注意の最近のブログ記事

国家資格の必要な士業の場合には、簡単に業種を変えることはできません。
しかし、○○コンサルタントというのは、儲からなくなったら、別の業種を変えられます。

私がホームページリニューアルコンサルタントを第一号で名乗って、他にはあまり見かけませんが、制作現場でとても困る事があります。

それは、元○○コンサルタントが、ホームページの企画に絡んでくることです。
元の専門分野が儲からなくなったとたんに、特にWEBコンサルタントやSEOコンサルタントを名乗り、企業の上層部に食い込んでいたりします。

これらが名乗りやすいのは、プログラミングなどの技術的背景がなくともなれるからです。
参入ハードルがものすごく低いわりに、初心者から見れば、なんだかすごい人のように見えます。

しかも、コンサルタントなので、制作にかかわる必要はありません。面倒なことは、制作会社に見積もりを取らせてやらせればいいですし、紹介ビジネスでキックバックをもらってもいいですから。

元の業種で追い込まれた人たちに、コンサルティングを頼んで、集客のプランなどを一緒に考えるのもどうかと思いますが・・・・。

というように、そもそもコンサルタントというものをあまり信用していないのですが、なぜか私もコンサルタントと呼ばれてしまっています。最初の時期に軽く名乗ってしまったので、そうなってしまったようです。

本を書いた時にも、そんな指定はしなかったのに、いつの間にやら書かれていました。
「ホームページリニューアル専門コンサルタント」と。

(私は元バックバッカーです)