ピカソの法則(PICASO)第2段階:現状の分析

新!インターネットマーケティング法則~ピカソの法則(PICASO)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社ホームページリニューアルセンター 
Homepage Renewal Center
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.hpnew.com/book.php (著書:「やり直し」のホームページ集客術)
http://twitter.com/iinotaka  (ツイッターです。フォロー歓迎。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】

ピカソの法則(PICASO)第2段階:現状の分析

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。

ホームページリニューアルセンター飯野です。


■前回のおさらい

ライバルサイトのSEOを確認をする。

そのためには、上位表示したいキーワード=参入分野ごとに

リアルとネットの両方のライバル会社をピックアップしておく。

■現状の分析

分析するには、ツールを使ったほうがいいでしょう。

まずは、無料の「SEOチェキ!」を使ってみましょう。

http://seocheki.net/

 

ライバルサイトのURLを入力して「チェック」をクリックしてください。

SEOの分析結果が出ます。

まずは、最低限見たいポイントだけ上げます。

1.タイトルタグ:

そのライバル会社が受注したいキーワードが左に入っているはずです。

入っていなければ、SEOはあまり取り組んでいないことになります。

リアルのライバル会社は、この段階でネット上のライバルにはなっていない

ケースが多いです。つまり、あなたの会社がSEOをやれば、ネットでは

勝てそうだということですね。

逆に、ネット上のライバル会社の場合には、タイトルタグなんてものは

しっかりと作りこんでいるでしょう。

さて、別のブラウザーを立ち上げて、同じように自社のホームページを

SEOチェキ!で確認してください。

ライバルとタイトルタグを見比べて、ちゃんと書かれていますか?

まさか、会社名しか書いていなかったなんて言わないでくださいね(笑

次回は、見るべきポイントの2つ目を解説します。

それまでに、自社のホームページのタイトルタグぐらいは

改善案を出しておきましょう。書き換えなくてもいいです。

(タイトルタグは、最重要事項なので、戦略もなく頻繁に変更すると

逆効果のリスクが高まります)

それでは!

 

------------------------------------------------------------------
[twitter] http://twitter.com/iinotaka
[Facebook] http://www.facebook.com/ (飯野貴行、で検索)
------------------------------------------------------------------

■SEO/WEBマーケティング研究会

毎月、研究会をやっています。
http://seo.hpnew.com/


┏━ この記事をご友人に転送していただけるとうれしいです━━

┃       このメルマガの登録・解除ページ
┃   http://www.mag2.com/m/0000138180.html


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━ ■ 編集後記 ■ ━━━━━━━━━━━━

最近、動画も研究しています。そのうちメルマガでも取り上げますね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.hpnew.com/book.php (著書:「やり直し」のホームページ集客術)
http://twitter.com/iinotaka  (ツイッターです。フォロー歓迎。)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
株式会社ホームページリニューアルセンター 
代表取締役 飯野貴行
URL :http://www.hpnew.com/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 


gotop