ピカソの法則(PICASO)第2段階:Solution(解決)を提示しよう

新!インターネットマーケティング法則~ピカソの法則(PICASO)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社ホームページリニューアルセンター 
Homepage Renewal Center
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.hpnew.com/book.php (著書:「やり直し」のホームページ集客術)
http://twitter.com/iinotaka  (ツイッターです。フォロー歓迎。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】

ピカソの法則(PICASO)第2段階:Solution(解決)を提示しよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。

ホームページリニューアルセンター飯野です。

 

■前回のおさらい

アクション(行動)を起こしてもらう

 

■PICASOの法則の「S=Solution」について解説します。

さぁ、ピカソの法則も終わりに近づいてきました。

P(Problem:問題)
I(Internet:インターネット)
C(Comparison:比較)
A(Action:行動)
S(Solution:解決)
O(Order:発注)

順調に「A」の行動まで起こしてもらう、

つまり、お問い合わせや見積り依頼などまで見込み客が

来てもらったとしましょう。

その後、あなたの提供する解決提案が問題になります。

お客様の困った、を解決できるような提案ができていますか?

提案するツールとしては

・カタログ
・事例集
・料金表

などがありますが、それは単なるツールであり、

「お客様が困っている問題を、このように解決します」

という流れに沿って作られているでしょうか。

分かりやすく書けば、下記のようになります。

  1. お客様の現状 
  2. 御社の商品・サービスの利用
  3. お客様の理想的な未来

この説明に満足した方が、実際に発注(Order)につながります。

その意味で、「S」は「Satisfaction:満足」とも言えるでしょう。

 

 

------------------------------------------------------------------
[twitter] http://twitter.com/iinotaka
[Facebook] http://www.facebook.com/ (飯野貴行、で検索)
------------------------------------------------------------------

■SEO/WEBマーケティング研究会

毎月、研究会をやっています。
http://seo.hpnew.com/


┏━ この記事をご友人に転送していただけるとうれしいです━━

┃       このメルマガの登録・解除ページ
┃   http://www.mag2.com/m/0000138180.html


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━ ■ 編集後記 ■ ━━━━━━━━━━━━

顧客の問題を解決する、今も昔も変わらないビジネスの基本ですよね。

ネットであっても同じです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.hpnew.com/book.php (著書:「やり直し」のホームページ集客術)
http://twitter.com/iinotaka  (ツイッターです。フォロー歓迎。)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
株式会社ホームページリニューアルセンター 
代表取締役 飯野貴行
URL :http://www.hpnew.com/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 


gotop